読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(Fujifilm X20)花を撮るのに最適な理由

FUJIFILM
Fujifilm X20 レビュー

花を撮るときに苦労すること、それは色の再現性
赤いバラが赤く、紫陽花の紫が紫のまま映るということ。

特に赤い色は潰れやすい色です。
黒から赤にかけての階調が滑らかにならないと、立体感のない絵になってしまいます。
同様に淡い色も階調がなくなれば、ぼやけた写真になってしまいます。

f:id:zakizine-jpn:20160613213144j:image

この写真を見れば一目瞭然。
見たままの紫陽花の色が残りました。

これがAUTO設定でできるから驚く限りです。
(WBは初期設定のまま)

色の再現性、マクロ領域の使い易さ。
コンパクトなボディにこの画質。
思わず撮るのが楽しくなってしまいます。