zakizine-jpn’s blog

http://zakizine.hateblo.jp/about

(カメラ)PENTAX KPがほしい

PENTAX KPがほしい!その思いを綴る 

 

 

ISO6400が常用できる高感度耐性

GX7MK2を使用していて不満な点があるとすれば高感度が弱い所。

間接照明がメインとなるBARで撮影すると、このような仕上がり。アリと言えばアリ、微ブレと暗所ノイズでディテールが損なわれている所が気になる。

KPならこれがほぼ改善できる。なぜなら高感度に強いセンサーが搭載されてISO6400でノイズがほぼ皆無だから。

f:id:zakizine-jpn:20180821220941j:plain

グリップを好みにカスタマイズ

手に持った感じは微妙。そんな時のためにグリップを交換できる仕様になっています。

K70のグリップがちょうどいいので、おそらくLサイズのグリップがちょうどいいはず。 

PENTAX グリップ M O-GP1671 37174

PENTAX グリップ M O-GP1671 37174

 

 もちろん縦グリップもあります。コンパクト性を犠牲にグリップ力、電池持ちが改善できます。お値段は2万円ほど。ボディブローを食らうようなお値段ですね。 

PENTAX バッテリーグリップ D-BG7 38598

PENTAX バッテリーグリップ D-BG7 38598

 

 

割と静かな電子シャッター

ミラーレスなら完全無音シャッターが切れます。しかしKPさんはレフ機なのでシャッター音アリです。

さらに細かい話をすると光学ファインダー使用時と、液晶画面使用時でシャッター音が変わります。光学ファインダー使用時はレフ板が動くのでやや音が大きめ。液晶画面使用時はレフ板が動かないので、やや音が小さめ。後者はG8のメカシャッターのような静音性に優れてる感があり、BARのような場所でも、ギリギリ使用できそうな感じです。

 

まとめ

KPさんの魅力を綴ってみました。最大の欠点、電子シャッターでも音が発生する点はライブビュー撮影を使用することで改善されるようです。

おや?これアリなのでは?アリアリですね。 

超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第五部 32.スティッキィ・フィンガーズ (荒木飛呂彦指定カラー)

超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第五部 32.スティッキィ・フィンガーズ (荒木飛呂彦指定カラー)

 

 まだ深掘りしたいこともあるので、次回に続くかも?

「KPさん良いですね、買おうかな」という方は迷わず購入しましょう。PENTAXはいいぞ。