zakizine-jpn’s blog

http://zakizine.hateblo.jp/about

(カメラ)高感度カメラ考察

前回高感度カメラを購入するシミュレーションをしてみました。意外なことにMFT規格のGH5Sよりフルサイズ規格のα7sのほうが安いという結果になりました。もう少し内容を詰めた価格で予算を検討してみましょう。

 

 

 

 

α7sで使用するレンズを検討

理想的なレンズは標準ズーム、マクロの2本があれば最高です。ではその価格を見てみましょう。

 

●標準ズーム

(¥ 97,500)SEL2470Z Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

(¥ 139,851)SEL1635Z Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS

●マクロ

(¥ 49,430)SONY SEL50M28 FE 50mm F2.8 Macro

(¥ 121,057)SONY SEL90M28G FE 90mm F2.8 Macro G OSS

 

結論から言うとやはりフルサイズのセンサーは高い!という一言に尽きます。

α7s本体が17万円なので、最安の組み合わせでも32万円します。前回はマクロレンズの価格しか見ていませんでしたが、SEL50M28(¥ 49,430)のコスパが良すぎただけでした。

フルサイズレンズはやっぱり高い! 

 さらに補足を入れるとこちらのレンズはAF駆動はお世辞にも高速とは言えそうにありません。AFリミッターがあるのである程度最適化できますが、AF時のモータ音がかなり出るようです。

www.youtube.com

GH5Sで検討

MFT規格で標準ズームの値段はどれほどでしょうか?2万円から10万円まで幅広くありますが、LEICAブランドにこだわらない限り非常にお得なレンズが豊富にあります。

 H-FS12060など素晴らしい選択肢です、4万円出せばお釣りがくるなんてフルサイズでは考えられない。ほぼ無料みたいなものです。

同じくマクロレンズも、H-HS030も4万円以下です。こちらも爆速AF、静音モータなど性能は折り紙付きです。 

ということでレンズは合計10万円以下、本体は 27万円程度、合計37万円です。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

おや、α7sより5万円安くなりました。

ボディの価格差が10万円あるためα7sのほうが安くなりという結果になりました。

まとめ

結果から言うとα7sのほうが5万円安いという結果になりました。

ボディの価格差が10万円がレンズの価格差を埋めるという結果になっています。

フルサイズE規格はレンズの選択肢は少なく、価格も非常に高価です。

しかしMFT規格はレンズの選択肢が倍以上あり、価格は1/3以下という結果です。価格だけ見ればα7sが合理的なのですが、MFT規格のレンズの安さも見逃せません。

これは考察の余地がありそうです。

次回はGH5Sにしか使えない4K Photoの機能から高感度カメラを考察していきます。