zakizine-jpn’s blog

http://zakizine.hateblo.jp/about

IT)日本のIT技術者について

#ざっくり
・日本独自の「多重下請け構造のIT業界の歴史」について説明している。
・これまでIT土方、IT奴隷と呼ばれていた末端IT技術者と、最新のテクノロジーを駆使して開発する技術者の違いについて説明している

#ソース
木村岳史の極言暴論!
IT業界を強制終了せよ、日本の全体最適に不可欠だ
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00148/111500037/

#個人的な感想
「技術者」と呼ばれると、高度な技術、資格、手厚い待遇を想像するかもしれない。しかし日本のIT技術者という言葉の中には、IT土方、IT奴隷と呼ばれるような「技術者」と呼びがたい存在が混入している。
その中身は単純作業を繰り返すものが大半。スキルアップという物はほぼ皆無だ。
「工場でライン作業するよりITの方が給料も職場環境も良さそう」と思われがち。工場では手足切断のような事故が起これば即労災、警察案件だ。しかしITでは精神系の鬱、睡眠障害が多発しているにも関わらず、仕事が直接的な原因として立証しづらいため劣悪な労働環境が状態化している。
労働環境、残業時間、衛生面、給与で比較するなら工場勤務のほうが圧倒的に整備されている。
新人の方では法律面、労働環境面にも疎い。そのため劣悪な環境でも働き続け、休職、退職、自殺が多い。ここまで慣習化した労働環境を新人の人が帰るのは限りなくこんなんだ。もし日本のITに不満や疑問があるならすぐに転職することがおすすめ。